木走日記

場末の時事評論

日本だけ体感温度40度近くの3時開始が2試合もある本当の理由〜マスコミが絶対に報じないマスコミの売国守銭奴ぶり

●TV朝日系列の日本―クロアチア戦、瞬間最高視聴率68.6%を稼ぐ

 本日(19日)の朝日新聞電子版速報記事から・・・

日本―クロアチア戦、関東の視聴率は52%

2006年06月19日10時10分
 W杯サッカーの日本―クロアチア戦(テレビ朝日系で18日夜放送)の視聴率が19日、ビデオリサーチから発表された。関東地区は52.7%、関西地区は48.9%、名古屋地区は48.9%、北部九州地区は44.1%だった。

 関東地区は今年のテレビ番組の中で最高の数字。また同地区の瞬間最高は、試合終了直後の68.6%(午後11時51分)だった。

 サッカー中継の最高視聴率は02年日韓大会の日本―ロシア戦(フジ系、関東地区)の66.1%。今回の52.7%は史上6位だった。

 テレビ朝日は、在宅率の高い日曜夜の試合という条件が、史上1位のロシア戦の時と同じだったため、「目標を67%」としていたが、届かなかった。

http://www2.asahi.com/wcup2006/news/TKY200606190117.html

 ほう、日本―クロアチア戦の平気視聴率は52%で、瞬間最高は試合終了直後の68.6%にもなりましたですか。

 よかったですね、TV朝日さんもさぞやニッコニッコでしょうね(←棒読み)

 朝日新聞グループとして朝日新聞もお喜びなんでしょう。



●「失敗の代償払った」ジーコ監督、険しい表情で会見〜朝日新聞記事から

 本日(19日)の朝日新聞電子版速報記事から・・・

「失敗の代償払った」ジーコ監督、険しい表情で会見

2006年06月19日10時46分

 ジーコ監督は少し険しい表情で、クロアチア戦後の記者会見に臨んだ。2試合連続午後3時のキックオフに不満をもらしながらも、決定的な得点機を逃したことへの無念さを率直に口にした。

 ―試合の感想は。

 「引き分けてしまったが、負けたら終わりだった。暑さもあり、簡単なパスのミスなどボールコントロールが良くなかった。パスをつなぎながらも得点できず、その失敗の代償を払った格好だ。世界中が注目する中、午後3時開始で気温が30度を超える試合を2試合も続けてこなした。これだけの暑さの中でやった選手たちは、ミスすることもある」

 ―決定力が不満か。

 「確かに問題がある。日本がチャンスをつくれなかったら心配するが、それはつくった。ただゴール前まではきちんとやっていながら、フィニッシュできない。チームは毎日この練習に取り組んできたのに、本番で平常心でできなかった。それが悲しい。これだから、サッカー界にストライカーと呼べる選手は一握りしかいないのだ」

 ―PKについては。

 「クロアチアが決められなかったのではなく、われわれのGK(川口)が素晴らしく、美しいセーブをした」

 ―勝ち点1でブラジル戦を迎える。

 「とても難しい試合になるだろう。相手は優勝候補。だが、サッカーではどんなことも起こり得る。もちろん勝つ気持ちで、顔をしっかりと上げて臨む」(共同)

http://www.asahi.com/sports/fb/KYD200606190004.html

 ジーコ監督は「世界中が注目する中、午後3時開始で気温が30度を超える試合を2試合も続けてこなした。これだけの暑さの中でやった選手たちは、ミスすることもある」 と選手をかばう発言もしたようですが、TVで観戦していても確かに特に後半はバテバテの選手が続出していて最後の10分は足が動かない選手が大半でありました。

 ・・・

 しかしです。

 この朝日新聞のインタビュー記事はジーコ監督の大切な怒りの発言をとばして記事にしているのです。

 日本マスメディアよ、あなたがたは自分たちのしたことをあくまでもシラを切っていっさい報じようとしないのでありますね。

 ・・・

 ふう。

 日本のTVや大新聞では絶対に報じない「日本だけ体感温度40度近くの3時開始が2試合もある本当の理由」があるのです。




●日本だけ体感温度40度近くの3時開始が2試合もある本当の理由

 調べてみれば午後3時試合開始が2試合もあるのは32国中、日本とトーゴ(※追記1参照)だけなのであります。

 こんな不平等なコトってありでしょうか。

 しかし、この日本にとって不利なスケジュールが他ならぬ日本のマスコミの圧力によって実現したというのです。

 今日の夕刊フジジーコ監督の記者会見記事から抜粋します。

(前略)

 しかし、珍しく記者会見で皮肉を言った。
 「午後3時からの試合が2試合も続くと非情にキツイ。W杯というすばらしいイベントなのに・・・。今、サッカーは大きなビジネスになった。そのために、選手には大きな犠牲を強いる必要があるのだろう」

 この「今、サッカーは大きなビジネスになった。そのために、選手には大きな犠牲を強いる必要があるのだろう」という怒りのジーコ発言がTVや上記朝日記事ではまったく無視されているのです。

 「今、サッカーは大きなビジネスになった。」というジーコ発言は、どういう意味なでしょう。

 記事の続きを抜粋(太字と補記は木走付記)

 出場32ヶ国中、午後3時の試合開始が2試合もあるのは日本とトーゴ(※追記1参照)。今大会は、不公平がないように午後3時、6時、9時の各時間に振り分けるのが原則だ。
 FIFA(国際サッカー連盟)関係者があきれ顔で舞台裏を説明した。
 「日本の3時開始が2試合あるなんて、ナンセンスでしょう。でも、これは日本側のテレビ放送の強力な要請があったからです」
 午後3時開始なら日本時間は午後10時に。確かに、この時間なら高い視聴率が期待できる。ところが、このスタート時間が、ジーコジャパンの苦戦を逆演出することになった。何しろ、ドイツはW杯が開幕してから連日、最高気温が30度を越す猛暑。日本と違い、午後8時過ぎまで日が残るドイツでは、暑さのピークは午後3時ごろだ。 それだけに、ライプチヒでのこれまでの試合では、100人以上が熱中症で倒れている。また、FIFAは開閉式の屋根があるフランクフルトの試合では、あえて閉める指示を出し、日差しを遮るようにした。
 日本は体感温度が40度近くになるピッチで2試合をこなした。ジーコ監督は、「選手は本当に苦しんでいる。大会中に亡くなった選手(カメルーンのフォエ)だっている」と、試合時間に関して、怒りを隠さない。

(後略)

夕刊フジ A版(平成18年6月20日(19日発売)号 記事より抜粋

 信じられないことに、日本だけが体感温度が40度近くになるピッチで2試合をこなした理由は、なんとFIFAに「日本側のテレビ放送の強力な要請があったから」なのだそうです。

 上記の朝日記事や日本のTV報道では絶対に流されないだろう、この怒りを隠さないジーコの「今、サッカーは大きなビジネスになった。そのために、選手には大きな犠牲を強いる必要があるのだろう」の発言の真意は、この過酷な日本代表のスケジュールが日本のマスコミが視聴率ほしさにFIFAに圧力を掛けて実現したというのです。

 ・・・

 日本のテレビ局・マスメディアよ。

 ニュース番組等では「日本の奇跡を信じて最後まであきらめずに応援しましょう」とか適当なこと言っているクセに、その実、日本代表のこの過酷なスケジュールを要請したのはあなた方自身だったわけですね。

 まったくあきれたダブスタであります。

 みなさん、日本のマスメディアは、視聴率のためならば日本代表が不利になってもかまわないのだそうです。

 なんと売国守銭奴的なひとたちなのでしょう。

 ジーコ監督のお怒りもごもっともじゃないですか。



■追記1(2006.6.20.14:00)

 コメント欄情報により3時開催が2試合の国は、日本、トーゴ以外に、セルビア・モンテネグロも該当することが分かりました。

 テキストの2カ所に補足参照を入れ訂正いたしました。

参考サイト
http://wc2006.yahoo.co.jp/schedule/

■追記2(2006.6.20.14:00)

 本日(20日)の朝日新聞朝刊紙面でジーコインタビュー記事の続報を載せていました。

3時開始の試合、ジーコ監督批判 暑さ「選手が犠牲」
2006年06月20日09時15分
 ジーコ監督はクロアチア戦後の記者会見で、豪州戦に続いて試合開始時間が午後3時(日本時間午後10時)だったことについて、「こんな時間にサッカーをやること自体、間違っている。試合時間を遅くすることを提案したい」と厳しく批判した。

 1次リーグは1日3試合が行われる場合、午後3時、6時、9時のキックオフ時間が設定されており、午後3時の試合は気温が30度に迫る暑さとなっている。「体力的な準備を整えていても、動けなくなるし、ミスが出る。選手は守られていない。彼らが燃え尽きない日程を考えるべきだ」と話した。

 豪州戦とクロアチア戦は、昨年12月の組み合わせ抽選後に、日本のテレビ局の要望もあり開始時間が変更された。ジーコ監督は「サッカーはビジネスになっており、選手が犠牲を払っている」と指摘した。

http://www.asahi.com/sports/update/0620/035.html

 おお、記事の結語がポイントですね。

豪州戦とクロアチア戦は、昨年12月の組み合わせ抽選後に、日本のテレビ局の要望もあり開始時間が変更された。ジーコ監督は「サッカーはビジネスになっており、選手が犠牲を払っている」と指摘した。

 フフフ、朝日記者もネットチェックしてるんですかね。

 それとも朝日記者も昨日の夕刊フジ見たのかな(苦笑)



(木走まさみず)